オートマティックに寄せる

そんなウェッジ探しているなら
フォーティーンウェッジがおすすめ

フォーティーン RM-22 ウェッジはテクニックが活かせる

フォーティーンのツアーウェッジ RM-22はモデルごとに異なるブレードとソールでさらに進化

フォーティーンのRMシリーズは、
スピン性能と操作性の高さで上級者に人気のモデル。
国内外のプロが使用するツアーモデルのウェッジです。

ニューモデルRM-22の特徴は、
モデルごとに異なるブレードタイプとソールタイプがあること。

RM-22リバースマッスル・リッジソールモデルの特徴

リバースマッスル・ブレード

フォーティーン独自で、ブレード上部に厚みを持たせることによって、ヘッドの安定性を高め強いラフからのショットでも負けない操作性を実現。

リッジソール

リーディングエッジ側を削ったフロントソールが芝を受け止め、なだらかなラウンドを持つバックソールが刺さらず抜けをよくしている。

ウェッジの基本性能であるハイスピンと安定性を高め安心して使えるウェッジ。真っ直ぐに構えて真っ直ぐに打ちたい人におすすめ。

RM-22ミドルマッスル・デルタソールモデルの特徴

ミドルマッスル・ブレード

打点位置後方部に厚みを持たせることで、フェースローテーションがしやすくより操作性が高くなっている。

デルタソール

ヒール側のソールを大きく削ることによって、ヒールバウンスが邪魔にならなくフェースを開きやすくなっている。

フェースを開きやすいので、いろんな技が使えるウェッジ。
スピンを意図的にかけたい技を楽しみたい人におすすめ。

フォーティーン DJ-22 ウェッジは安定性がいい

安定性の高さが実践的に使える中級者におすすめのウエッジ

ヘッドとクラブの挙動の安定性を高めているのが
フォーティーン DJ-22 ウェッジ。

クラブフェイスの上部ブレードと先のトゥ側を厚くすることで
バランス良く安定性を保っている。

インパクト時にフェイスやロフトが変わりやすい初心者から
様々なライや厳しいラフからのアプローチでも寄せたい中級者にも
おすすめのウエッジです。

さらに、フォーティーン DJ-22 ウェッジは
精度の高いコントロールショットに答えるために
ローロフトウェッジの品揃えがある。

ショートゲームが苦手な人は
アイアンの9番から抜いてフォーティーンウェッジ
41度、44度、47度のローロフトウェッジに入れ替えて
みるのも良いかもしれない。

フォーティーン C-030ウェッジはダフってもいい

幅の広いワイドソールが優しさ、打ちやすさを実現。
初心者におすすめのウェッジ

フォーティーン C-030はダフってもいい?
そんなウェッジがあるのかと疑いたくなる。

その仕組みは、
幅の広いスーパーワイドソールに
渓谷のような深い溝のキャニオンソールだ。

フロントのソールが
しっかりとヘッドを入り込ませ

バックのソールが
深く入るザックリを防いでくれる。

ウェッジを振るだけで
後はクラブが勝手に動いてくれるような
優しさと打ちやすさを実現してくれる
ウェッジがフォーティーン C-030だ。

Top へ